デリケートゾーン黒ずみの原因と解消は|黒ずみケア

デリケートゾーンの黒ずみの原因について

デリケートゾーンの黒ずみは、女性にとって永遠の悩みです。それは恥部だけにかぎらず、脇や乳首、ひじや膝なども含まれます。黒ずみが起こる原因としては、東洋人はもともとメラニン色素が多いので、比較的陰部は黒ずんでいるひとは多いです。また、特に陰部はメラニンの活動が活発のため、黒ずんでしまうのです。ではなぜ、色素沈着を起こすのか。それは肌が外部刺激から守るために、メラニンが活発になるためです。また、ターンオーバーが加齢によって遅くなるのも原因です。通常肌は約28日できれいになりますが、歳を重ねると、この肌の生まれ変わりのサイクルが鈍るため、黒く見えるようになります。また、肌のターンオーバーが、遅れると黒ずみだけではなく、肌のくすみ、キメが粗い、傷の治りが遅い、小じわやシミしわができるなど様々な肌のトラブルにも繋がります。また、加齢だけではなく、ホルモンのバランスの乱れによっても起こります。陰部の場合は、膣が痒くなる場合もあります。では、どうすればいいか。それは日常生活での刺激を軽減することです。自分にあった下着をつけること、素材の見直しなどです。また、お肌のターンオーバーを正常化することです。

気になるデリケートゾーンの黒ずみ とる方法にはどんなものがある?

水着になる季節になると気になるのがデリケートゾーンの黒ずみです。これはムダ毛の自己処理で力を入れ過ぎたり、衣服による摩擦が主な原因で、その他ホルモンバランスの乱れによって引き起こされることもあります。デリケートゾーンの皮膚は大変薄いので刺激に弱く、こういった肌トラブルが起きやすいのですが、起きないようにするためにはなるだけ刺激を与えないようにすることが肝心です。しかし残念ながら発生してしまった場合でも適切なケアをすることで症状が改善され、例えば近年デリケートゾーンの処理が日本でも一般化してきており、それと合わせてデリケートゾーン専門の美白化粧品といったものが登場しています。これらを使えば症状は緩和されますが、顔のシミ同様すぐに効果があらわれるものではなく、長い期間の使用が前提となっています。そして色素沈着は肌のターンオーバーによって改善されるものですから、そういった化粧品や生活習慣を心掛けることも大切です。ただしこれも劇的に回復するというよりは時間をかけて改善していく方法で、より抜本的に黒ずみをとる方法としては美容皮膚科や外科によるレーザー治療がおすすめです。レーザーでは肌の真皮にあるメラニン色素のみを効率的に破壊し、その後ターンオーバーを利用して排出するのですが、黒ずみとなって時間が経ったものでは治療にもある程度期間を必要とする傾向があります。

 

商品比較はこちら⇒デリケートゾーンの黒ずみ商品比較